出産記 ④鉗子分娩

6:30 陣痛促進剤の投与が始まる
麻酔のお陰で痛みは感じない陣痛は相変わらずの微弱で、赤ちゃんの頭が下りてこないので促進剤を入れられました

子宮口が全開になってるので「いきんでね」と言われましたが、私は普通に寝ている状態ですので何をどうやっていきめばいいのかサッパリわかりません・・・
便意がないのに踏ん張れと言われてるようなもんです

痛くない陣痛の波に合わせて踏ん張ってはみるものの「はい、いきんで~」とかも全くないので、やっぱりよくわかりません

そうこうしてる間にたくさんの助産師さんと先生が入れ替わり立ち代わりやってきては、指を入れて内診するのが嫌でした
麻酔が効いてなかったらめちゃくちゃ痛いと思います

「うーん。下りてこないね」などの声が聞こえてきて、やはり帝王切開になるのかと不安になりました
そこへ別のベテラン先生が登場、内診した後「いける」と
「頭が下りてくるのにまだ時間がかかるのだけど、感染症と高熱と赤ちゃんの頻脈であまり時間をかけられないので、小児科の先生にも立ち会ってもらって鉗子でお手伝いをします」と説明がありました

そして悲惨なお知らせが・・・
麻酔の薬液が切れました 早く次のパックをもってきて~と懇願しました
和痛分娩では最後にいきむときには麻酔を切っていきみやすくするほうが良いという考えなのでそれが怖くて怖くて・・・
ちゃんといきめるなら麻酔効いたままでいいよと言われてたけれども、こんなにタイミングよく切れると足してもらえないんじゃないかと思って怖かったです

その鶴の一声で一気に周りが慌ただしくなりました
本格的にいきむことになりました
男の先生2人が私の両足を片方ずつ持って子宮が露出するような恰好まで広げて押さえつけ、正面では助産師さんが手を突っ込んで産道を広げます
そこへ陣痛が来たらいきむのです
麻酔の追加はなしですがよく効いてたので幸い耐えられる痛みでした
それを2分おきぐらいで、20回もいきんだでしょうか・・・

さらにLDR内が慌ただしくなりました
産婦人科医4人、小児科医1人、助産師5人
これだけのスタッフが揃うと恐ろしくなります

私の頭上に主治医が!お腹を押すというのです ヒエ~
もうこの時は意識朦朧、よく覚えていません
「はい最後だから頑張ってね~」と言われても何がどうなってるのかよくわからない状態
「切りますね~」会陰切開の麻酔注射と切るのは何となくわかりました
鉗子分娩の時は多めに切るんです 涙

1回目のいきみ
別に痛くはないのだけども「うわぁぁああ」と叫んでいきんだ記憶があります
いきみが終わってもまだお腹を押されてて「先生、息できひん」と言いました 苦笑

2回目のいきみ
8:44
わけわからずまたうわーーーっといきむと「はい赤ちゃん出るよ」と言われて見たら、ずるっと出てきました 意識朦朧ではっきりとは覚えていません
産声が聴こえて、私もウワーっと号泣しました

赤ちゃんはしんどい状態だったのでカンガルーケアはできませんでしたが、毛布にくるまれた息子が顔のそばに連れて来られて、息子は私の顔をじーーーっと見てくれました
その強い眼差しは絶対に忘れません

後産の頃には麻酔が切れてきて、胎盤を剥がすのにお腹を押されたのがものすごく痛かったです
会陰切開の跡を縫うのもかなり時間がかかりました

一旦新生児室で様子をみられてた息子が連れられて来ました
私の右腕で抱いて、そのまま初乳を飲ませました 至福の瞬間です
必死で乳首を探してはむはむーと食らいつく様子に強い生命力を感じました

産まれてきてくれてありがとう
私達を親にしてくれてありがとう

入院編へ続く