出産記 陣痛地獄〜天国

8:00 陣痛が強くなってきました
胎動は相変わらず激しくて動く度に痛みを強くしました
 

分娩監視装置の左の数字は赤ちゃんの心拍数で、右はお腹の張りの強さを表しています
私の痛みはお腹の張りではなくて、とにかく腰・骨盤・坐骨でした
なかでも坐骨に激痛が走り、まるでハンマーで叩かれたような電車で轢かれた痛みでした

それでもお腹の張りは弱いので微弱陣痛なのです
ですから痛いと叫んでも助産師さんh「今張ってないよ、陣痛来てないよ」と言うのですう~っ

陣痛は間隔があるから耐えられるのです
私の場合は陣痛が終わってもそのまま骨盤の痛みはなかなか収まらず、そこへ胎動が加わって痛み、そうこうしてるうちに次の陣痛がやってくるという状態でした

呼吸法などで耐えられる痛みでもなく、もう喚き散らして暴れまくりでした
「ギャー しぬー」と言ったら「痛みでは死なないのよと言われ・・・
助産師さんが「涙も汗も色んなものが出て最後にやっと赤ちゃんが出てくるのよ」とおっしゃった時はそりゃ絶望しましたよ
苦しんでるのにこんなこと言ったらダメですってば

13:00 地獄のような時間が過ぎました
陣痛開始から10時間、やっと内診があり、なんと子宮口が全く開いてないことが判明
もっと早く内診してくれれば・・・ 
私は泣きながら「どうにかして、もう耐えられない」とすがりつきました

痛みによる緊張で子宮口が開かないこと、痛いの似陣痛自体は微弱なことでお産が進まないので、和痛にして貰えることになりました
和痛とは硬膜外麻酔を入れて痛みを和らげる処置です
しっかしここからが長い、麻酔科の先生が待てど暮らせどこなーい
「もう向かってるはずです」って蕎麦屋の出前かイライラ

15:00 ようやく麻酔医登場 遅いっちゅうねんびっくり!?
リスクが説明され、私は「はいはいはいはいわかりましたから早く~~~!」
主人が同意書にサインしたようです
背中にまず麻酔をしてからチューブが入りました
陣痛に比べたらこんな痛みなんて蚊に刺されるようなもんです 楽勝!
30分ほどして痛みがすーっと引いていきました

天国でしたキラハート
痛みがきたらボタンを押すと薬液が流れる仕組みです
かなり効きが良かったようで、陣痛は95%感じなくなりました

痛みがなくなると、お腹が減ったことに気付きいて主人に向かいの聖路加タワーのマックでビッグマックを買ってきて貰って食べましたぐらころ
もちろん夕飯もしっかりと頂きました
妊婦食には授乳のための夜食おにぎりがつきます

22:00 熱が38℃まで上がったので採血される
結果、白血球18,000 CRP3  抗生剤が違うものに変わりました

23:00 内診 子宮口6㎝まで開く
頭がまだおりてこない

0:00 帝王切開になる可能性があるので(ここまで来て今更~) 絶飲食を言い渡される

0:30 熱38.3℃ 
         赤ちゃんは相変わらずお尻ふりふりして動いてる

2:30 赤ちゃんの脈拍数が170超える 
      また採血 菌を培養するらしい

5:30   内診 子宮口全開 
     熱38.8℃でナチュラルハイ状態に
     あとは赤ちゃんのヤル気次第と言われる

続く