ルーブル美術館

美術に関しては全く専門知識のない私たちですが、せっかくパリへ来たのだからモナリザだけでも見ておこうと、ルーブル美術館へ行きました
ホテルのコンシェルジェに用意してもらったミュージアムパスを持って行きましたが、夜間に開いてる曜日でしたのですぐに入れたし空いていてゆっくりできました

 

ドラマチックアートで撮ると迫力がUPします

 

 

 

 

夜にライトアップされますが、日本のLEDが使われているそうですね

 

 

 

 

お目当てのモナリザです
強い風だったので髪が乱れていますね
薀蓄を語ったり、説明したりはできませんので省きます
絵を観て心が穏やかになったりワクワクしたり、それでいいのですよね

 

 

 

 

 

 

ドラクロワ 『民衆を導く自由の女神』
主人が好きな絵で、じっと観てました

 

 

 

 

 

 

 

サモトラケのニケ
階段の踊り場にあり、迫力がありました

 

 

 

 

ミロのヴィーナス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェルメール 『レースを編む女』

 

 

 

着物を着て絵を観てまわるという、なかなか優雅な時間を過ごすことができました
美術館にいるだけあって、日本の着物が大好きだという人がたくさん寄ってこられて、写真を撮ったり感嘆されていました
日本バンザイw 是非日本へ遊びに来て頂きたいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝石白下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです宝石白