L’Espadon Ritz Paris

パリ2日目
ネットで探したヘアメイクのさとこさんにお部屋まで来てもらい、着付けとヘアセットをして頂きました 
出張費も込みで100€です
さとこさんはフランス人のご主人と大恋愛の末ご結婚されたそうです
小柄でとてもキュートな女性です パリでも着物を着て日本文化を広めてらっしゃいます
自分で着ると汗だくになるので、お願いして良かったです

ホテルを出てタクシーを止めてもらうまでの間にさっそく通りかかった人から写真を撮らせてと言われました
着物に凄く興味があるか、全くの無関心か  100か0という反応
さとこさん曰く、紫はフランス人の大好きな色らしいです

タクシーでヴァンドーム広場へ
CHANELのジュエリーを見に入ったら、それはそれは丁寧に接客してくださいました
着物効果ですね
コーヒーでもどうですかと言われたのですが、ランチを控えてるのでお気持ちだけ頂いてw
きっと何千万、億を超えそうな額のジュエリーを見せてもらって手にとり、夢の時間でした

 

 

おのぼりさんらしく笑 ランチはリッツパリのレスパドン
ダイアナ妃が最後の食事をした2つ星レストランです

お昼のコースは85€、良心的な価格で頂けます

 

 

 

アミューズブーシュ
冷たいスープ なんですが 覚えてないという・・・

 

 

 

 

パンはハードタイプでとても美味しかったです
バターにRのマークがあるのは気分が上がります

 

 

 

 

 

私のオードブル  カニのサラダ キャビア添え
ホワイトバルサミコやマンゴーのソース
鮮やかなお料理に心躍りました お味は言うまでもなく

主人のオードブル  アスパラガスとフォアグラのソテー 
コンテチーズで巻いたもの 
見た目よりもあっさりとしていました

 

 

主人のメイン 子羊 
タジャスカオリーブ・アーティチョーク・チャツネ・トリュフ入りカプチーノ添え
子羊はもちろん別添えのカプチーノにのっていたトリュフが格別だったそうです

私のメイン タラ
オニオンとマッシュルーム添え マトローテソース
キャベツロール
ふわふわのソースをお皿にかけてくださって、美味しそう~と思ったのですが
こればっかりはダメでした泣
折角の美味しいソースなのに、タラが塩辛いのです! 
肉厚で脂ののったタラなのに残念でした

主人のデセール  アーモンドタルト シトラスフルーツ

 

 

 

 

私のデセール  洋梨のロースト トンカビーンズの香り

バニラアイスクリーム

プチフール とっても可愛らしいシュークリーム

サービスはまぁこのクラスだと当然な感じです
特別に良いわけでもなく、だめなわけでもなく

びっくりしたのが、隣に座っていた中国人カップル
女性はなんと・・・ジーンズをはいていたんです 信じられない
そんな人を入れるお店も信じられない
改装前だからどうでも良かったのでしょうか、残念です

なんとなく思ったこと、AMEXから予約していましたが、それなりのホテルに泊まっているならば、コンシェルジェから予約してもらうほうが大事に扱われるかもしれません
滞在したホテルのスタッフのホスピタリティが最高だったからです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝石白下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです宝石白


にほんブログ村