SECOM 元警備員による窃盗事件

我が家はセコムに警備をお願いしています
別に大金があるわけでもすごい宝石があるわけでもないのですが、強盗が入ったら怖いじゃないですか、それに火事が起こってもすぐに駆けつけてくれるし、旅行で家を空けても安心なのです

ところが先日こんな事件がありました

京都府警中京署は26日、閉店後の居酒屋に侵入し現金を盗んだとして、警備会社「セコム」近畿本部(京都市下京区)の警備員、黒河亮介容疑者(31)=同市左京区静市野中町=を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕した。
 逮捕容疑は26日午前1~10時、かつて担当していた同市中京区の居酒屋の入り口をバールで壊して侵入し、店のレジから現金約21万円を盗んだ、とされる。「生活費に困っていた」などと容疑を認めているという。
 同署によると、店側が同日午前、警察とセコムに通報。防犯カメラの映像を見たセコムの上司が気付いた。黒河容疑者は容疑を認め、上司に付き添われて同署に出頭した。
 黒河容疑者は、店内の防犯用赤外線センサーの仕組みを知っており、赤外線に触れないように床にはいつくばって移動したが、防犯カメラには気付かなかったらしい。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

警備会社がこれやったら終わりでしょう
一番やったらアカンことです
主人がメールで説明するよう求めましたら、素早い対応ですぐに連絡があり、担当地域の管理職の方が説明に来られました

私達はこの事件に対して怒り続けて責めたりするつもりは全くないのです

・勤務先の顧客のところを選んで侵入するということは、普通なら避けるはずなのにやったということは、会社に対する不満が少なくともあるのではないか?

・お金がないからと言ってここまでするには相当追いつめられていたはずで、どうして上司や同僚は異変に気付かなかったのか

・顧客の鍵管理はシステム化されており、安全だというが、システムに頼りすぎで人間をおろそかにしてはいないか?

この事件が起きて顧客は不安になりましたが、一番傷ついているのは現場の警備員さんではないかと思うのです
自分を律し誇りを持って懸命に仕事をしている警備員さんは相当なショックを受けておられることでしょう
現場の警備員さんをしっかりフォローしてあげてくださいとお願いしました

他にも生活に困っていたり精神的に辛い状況で事件を起こすような人が潜在するかもしれません
その場合に、上から圧力をかけるかのように管理体制を厳しくするだけでは、その人達を逆に追い詰めることになりかねません
何でも話して相談しやすい職場作りに尽力してほしい、それが管理職の仕事じゃないですかと申しました

期待していますよ、セコムさん