Corrigan’s Mayfair

この旅で最初のディナーは
『Corrigan’s Mayfair』 で

 

AMEXコンシェルジェのおすすめです
この中から選びました
お店のサイトを調べるのはもちろん、google earth/street まで使って周りの雰囲気やアクセスを考慮します
私、きっといい秘書になれる?

 

 

 

 

 

 

お店のサイトから借りました
入り口付近はBarになっていて、奥にテーブルがあります
落ち着いた雰囲気ですが、活気もあり満席です
ゲストは上品な方ばかり、近所の方の社交場といった感じです

楽なソファ席に通してもらいました 角に二人で座るの、大好きですハート
アートモードにしたらピッカピカすぎましたキラキラ
 

疲れているのとコンノートで飲んだベリーニが効いていましたが、私はカクテルを
主人はフレッシュジュース
 

このお店を選んだ理由はこれです『岩牡蠣』
旅の最初のディナーだというのに怖いもの知らずの二人です ペロっと頂きました

主人が選んだのは  ブリルの赤ワイン煮 ベーコン、キャベツと平貝のコンフィ
ブリルはヒラメ科のお魚です(お魚の名前は難しいので、膝の上でiPhoneに入れた辞書を引いています)
白身なのに赤ワインで煮てあるんです ナイフを入れると白身が出てきます とても美味しかったそうです

私が選んだのは  ホウボウのパン粉ロースト オリーブとタコの煮込み
写真がボケボケですあせ 
ソースどんなんやったっけなぁ 思い出せないけど、美味しかったです タコも柔らかくてGood

デザートは・・・ たぶん ナツメグカスタードのタルト アルマニャックアイスクリーム添え
じゃありませんでした 思い出したので訂正 やっぱりミルフィーユです 見た目もミルフィーユやん!
完食したので美味しかったと思います

プチフールにはマカロンが出てきました
こちらのカプチーノは美味しかったです

メニューを載せておきます クリックしたら大きくなります コースもあったのですが、お値段はわかりません
1品ずつに合わせたワインがつくコースは120£でした そんなに飲めません><
アラカルトだと高めになりますが、3コースランチは27£~です

 

Corrigan’s Mayfair
28 Upper Grosvenor Street, London, W1K 7EH
0207-499-9943

お腹いっぱい、ほろ酔いでマーブルアーチまで歩き、ダブルデッカーに乗って(もちろん2階の一番前)パディントン駅まで戻り、
そこからまたヒースローエクスプレスでヒースロー空港のホテルまで帰りました
次の朝は5時半起きでアテネへ向かいます!

 

 

 

 

宝石白下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです宝石白



にほんブログ村