運命のドレス

少しずつ結婚式のことも書いていこうと思います
記事リストはこちら

2010年7月6日にハワイで二人きりの式を挙げました

運命のドレスについて

3月のことでした
P社(プロデュース会社)はワタベだったんですが、ドレスが無い
というか、ドレモコレモ気に入らないガーン

ネットでいいのが無いかなぁと見てたら、私のハートを鷲掴みにしたドレスがありました
アメリカの『Maggie Sottero』というブランドのものです サイトはこちら

ストライプと後ろのリボンに惚れましたラブラブ
Kumi's Happy Life

とにかくデザインが大事なんです私には
お値段はとてもリーズナブルです こんなに素敵なドレスがラッシュ料金とお直し料金含んで1500ドルしないんです(これでもハワイなので物価が高い)
アメリカではWEDDING GOWNと呼ぶのですが、自分で買うのが一般的で、お給料1カ月分相当というのが基準なんだそうです
Kumi's Happy Life

それはもう3月に入っていました そう、時間が無かったのです
作るのに4カ月かかる為、半ば諦めていたのですが 正規リテールに電話とメールで連絡をしまくり、やはりどこも時間的に無理だと言われました
ストックはあってもさすがアメリカ人でサイズが10とか。。。

縫製が中国でその後NYに戻り、そこから各店舗に発送してから日本へ発送するらしいのです
ということは、ハワイのリテールにお願いすれば送ってもらわなくて済むし、持って行く手間も省けるんじゃないかと思いつきました

アラモアナショッピングセンター近くの『Party Dress by Claudette』のマダムが「なんとかしてあげるわよ」と快諾してくれたのですアップ
サイズを伝えて前金で支払いをし(AMEXなのでもし詐欺にあっても安心ですし、コンシェルジェから電話1本入れておいてもらいました)あとはマダムを信じるのみでした 今から考えたら大きな懸けでしたね
Kumi's Happy Life

ハワイに着いたのが7/3 念願のドレスと対面して感動しました サイズもOK
なんと2日間でお直しをしてくれるのです しかも次の日は7/4独立記念日なのにKumi's Happy Life

これがお直し後です
トレーン部分に見えないようにフックをつけてあります 移動の時に引きずらなくていいのです
Kumi's Happy Life

胸の部分には中にパッドを入れ込んであります
背中はインナーコルセット式になってるので、要するにブライダルインナーがいらないのです
そしてパニエまでもがドレスにくっついています
この発想にはびっくりしました
Kumi's Happy Life

マダムが『これオミヤゲです』 昭和のかほりがしますが。。。
Kumi's Happy Life

本当にお世話になりました
Kumi's Happy Life